今日で、子供たちの1学期が終了しました。

進級して、あっというまに終わった感じです。

夏休み

たくさんの宿題と成績表を持って帰ってきました。

小学生の下の子は、明日から夏休みなので、大喜びです。

成績はいつも良いので、うれしそうに見せてくれました。

しかし、1か月ちょっと、ずっと遊んでいるわけにもいきませんので、
苦手な漢字や理科や社会を復習するように言いました。

あと、部屋が散らかしっぱなしなので、片づけもするように言いました。

次に、上の子が部活を終えて帰ってきました。

上の子は、中学生なので、朝早く夕方遅く帰ってきます。

いつも、テストの結果や成績表は、しぶしぶ出しますので、やはり出してきません。

いつも、成績がいまいちなので、出しづらいのかもしれません。

本人もつらいでしょうから、私自身も成績が悪い時は、見せたくありませんでしたので、

気持ちはわかります。

しかし、親ですから、コメントを書かなければなりません。

成績が悪くても、叱るということはしませんが、もう少し頑張るようには言います。

同じ姉妹でも、こうも違うとは愕然としてしまいます。

別人なのです。

上の子は、親の話をよく聞かないタイプで、下の子はよく聞きます。

こういった点でも、勉強に反映されるのかと思ってしまします。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.