» 想い出のブログ記事

今日で、子供たちの1学期が終了しました。

進級して、あっというまに終わった感じです。

夏休み

たくさんの宿題と成績表を持って帰ってきました。

小学生の下の子は、明日から夏休みなので、大喜びです。

成績はいつも良いので、うれしそうに見せてくれました。

しかし、1か月ちょっと、ずっと遊んでいるわけにもいきませんので、
苦手な漢字や理科や社会を復習するように言いました。

あと、部屋が散らかしっぱなしなので、片づけもするように言いました。

次に、上の子が部活を終えて帰ってきました。

上の子は、中学生なので、朝早く夕方遅く帰ってきます。

いつも、テストの結果や成績表は、しぶしぶ出しますので、やはり出してきません。

いつも、成績がいまいちなので、出しづらいのかもしれません。

本人もつらいでしょうから、私自身も成績が悪い時は、見せたくありませんでしたので、

気持ちはわかります。

しかし、親ですから、コメントを書かなければなりません。

成績が悪くても、叱るということはしませんが、もう少し頑張るようには言います。

同じ姉妹でも、こうも違うとは愕然としてしまいます。

別人なのです。

上の子は、親の話をよく聞かないタイプで、下の子はよく聞きます。

こういった点でも、勉強に反映されるのかと思ってしまします。

家族挙式だったので、結婚式当日に和装を着ずにウェディングドレス1着でした。

このため、和装の写真も残したいという気持ちからフォトウェディングをすることにしました。

フォトウェディング

こちらはやって本当に良かったと思っています。

フォトウエディングでは白無垢と色うちかけを着ました。

ロケーションフォトウェディングで、家からの移動を含めるとまるまる1日がかりでしたが、とても楽しい思い出になりました。

着物を着る前にメイクをしていただく段階では髪型が思っていたよりも派手な気がして大丈夫かなと思ったのですが、色打掛を合わせたところ好評でした。

平日だったので、式場内の色々な撮影スポットで撮影を行いました。

母が一緒に参加してくれてすごく喜んでもらえそのせいでうれしさが2倍になった気がします。

また自分たちの携帯でも写真が撮ってよかったので母と一緒の写真もとってもらいました。

母は写メールで姉に写真を送っていました。

また撮影の際中に、現場に居合わせてた見ず知らずの方々も温かく祝福してくれて、本番のウェディングではないのですが、結婚式の時のようにとても温かい気持ちになりました。

フォトウェディングでとった写真は結婚式の当日に親族の披露宴の際にみなにお披露目しました。

太陽

たまに耳に入ってくる友達の就職の話や何かを達成して自分を輝かせている話、

そして同じ年の有名人の話を見ていると私このまま何もしないで人生終わってしまうのではないかと思ったりします。

もちろんその時に思うだけで結局何もしません。このやる気のなさには自分も飽きれています。

なにかをやる!となっても三日坊主です。何をやっても中途半端ですけどこれは別にいいかなと思うんです。

一つの道をまっしくらというのもいいですけど、人間にはいろんな選択肢があって、いろんなことに挑戦できますから

出来ればいろんなことを試して経験したいところです。なので中途半端だね。もうやめたのかと言われてもあまりめげない方です。

むしろあれはああだったし私にはあまりあっていなかったと言い訳してしまうタイプですかね。多分そうです。

やめる理由はあまり妥当じゃないかもしれません。でも経験できたことですし、いいじゃないかなと思います。

できれば子供にも人間には一つの道だけじゃないんだよって教えてあげたいと思ったのですが、

私みたいにあまりにもいろいろとコロコロ変えるのは勘弁かなと今思いました。

でもできればいろんな経験させたいと思います。人間には一つの道なんてないですから。

今日からゴールデンウィークとい人も多いと思います。

街のあちらこちらから人が溢れていてとてもにぎやかでした。

家族やカップル、友達同士、みんな幸せそうな顔をして好きなものをとってみたり、きて見たり食べたりしていますね。

家族

とても幸せそうです。こういうのがゴールデンウィークだと思います。

そして今日から母の日商戦もあるからか、もっと人が多く感じられました。

母の日のプレゼントを選んでる人たちからプレゼントをもらうお母さんたちはきっと幸せなことだろうと思います。

私だったらお菓子を選びますね。ゆっくりとお茶と過ごす時間に子供からもらったお菓子を食べながら幸せな気分になると思います。

私にもいつかそのような日が来たらいいなと思います。

そのためには健康が必要不可欠ですね。やはり人は健康でないとゴールデンウィークも楽しめないですから。

具合が悪くてせっかくの休日をただ家で過ごして終わってしまうと思うんです。

実は自分も休日中に具合が悪くなって連休があっという間に終わったこともありました。

体調管理のためにはやはり睡眠と食事だと思うのですが、これがなかなかできることではなくていろいろと困っています。

なんとかしなきゃと思いつつ、何もできてないままついつい無理をしてしまっていつもぐったりです。

こういう時はだれかやさしいお言葉をかけてくれるだけで、お話を聞いてくれるだけでとても楽になると思います。

それとも今日のように外に気分転換に行くのもいいと思います。

まわりに疲れている家族がいたらやさしく接してあげてやってください。

私も出来る限りやってみます!

私はストレスで仕事に行けなくなってしまったことがあり、精神科の診察を受けたところ、うつ病というほどではないが、うつ状態である、との診断を受けました。

毎日眠れなくて、お薬も聞かなくて、頭の中は仕事と将来のことでいっぱいで、テレビの内容も理解できず、本や新聞も字は読めてもさっぱり頭に入ってきませんでした。

かろうじて頭を使わなくてもできる慣れていること、例えば家事などはできたので、ゆっくりゆっくりとできることをしながら過ごしていました。
サラリーマン

何でもすぐに忘れるので、つねにメモを取りながらしていました。今何をしているのか、さっきやったことは何なのか、次にすることは何なのかすぐに忘れてしまうのです。

電話のメモを取ったり、相手のペースに合わせなくてはいけないことはほとんどできませんでした。

寂しくてたまらないのですが、人と上手く話せなくて、いつも一人でした。家族とご飯を食べることもできませんでした。

結局、仕事をやめて、しばらく経つと症状が治まり、再就職をしたのですが、うつ状態でもこんなにつらいのならば、うつ病とはどんなに辛いのだろうと思うとぞっとしました。絶対にうつ病にはなりたくないです。

うつ状態のときは、夜が一番辛かったです。考え事がぐるぐると堂々巡りをして何時間経ってもおさまりません。

うつ病の人の中には起き上がれない方もいらっしゃると聞きます。一日中こんな症状なのでしょうか。恐ろしくてたまりません。そして、うつ病を患っていらっしゃる方がお気の毒で仕方ありません。

春になると、いろいろな植物が芽を出しますね。私は植物の芽吹きを見るのが大好きです。ワクワクした気持ちになるからです。

雑草でさえも愛しく思えます。けなげに冬の寒さに耐え、一生懸命芽吹いた様子を見ると、「がんばったね」と、声をかけたくなります。

子供の頃は、雑草と呼ばれているものたちに、どれほどお世話になったことでしょうか。シロツメクサの冠を作ったり、ナズナを耳元でチロチロ鳴らして楽しんだり、草笛を吹いたり、おままごとに使ったり(イヌタデは赤飯、葉っぱはサラダ、枯れた葉はお肉でした。)家へお土産として摘んで帰ったり・・・。

ツユクサの青い汁を集めてスカートを染めて怒られたこともあります。

ツユクサ

大きくなってから、雑草の名前の由来を知ったときはショックでした。オオイヌノフグリのフグリ(陰嚢)とかヘクソカズラのヘクソ(屁、糞)とかは、なんてひどい、と思いました。

逆にキツネノマゴとかカラスノエンドウとかはかわいらしくて嬉しくなりました。ホトケノザ、なんてよく考え付いたものだと思います。なんだか恐れ多くて抜きづらくなってしまいます。

草もちも、蓬を摘んできて、大叔母と一緒に作りました。子供の私にはちょっと苦手な味でしたが、大人になった今では大好きです。素敵な思い出です。

結婚を機に大阪から上京して一年が過ぎました。東京に住んでいる友人といえば、高校の同級生で就職で上京した友人一人です。

その友人は私の一か月前に結婚しました。

お互い、他に学生時代の友人がいないのでよく会います。

私は現在妊娠9か月、友人は生後3か月半の子供がいることもあり共通の話題だらけです。

そんな友人から今朝「今日ランチいかが?」というメールが来ました。

急に言ってくるやつだなと思いながらも、私も特に予定はないので了承しました。

友人の子供はすでに保育園に入っているので(友人の仕事復帰はまだ)、お互いの家の中間あたりのところでランチをしました。

私ももうすぐ出産だし、こうやって二人で会うこともないかと思うと寂しく思いますが、実際会うと高校時代のままだなと思います。

ただ、変わったなと思うのが、ランチをしたのはショッピングモール内で、以前にも何度かそこで会ったことはあるのですが、ランチ後のウィンドウショッピングがファッションや雑貨、化粧品のお店ばかりだったのに、自然と赤ちゃん用品のお店に向かうようになったのです。

すっかり母ちゃんです。

自分の服よりも子供服に夢中になってしまいます。

だんだんと女子高生から大学生、OL、主婦、母になっていくのを実感しています。

とはいえ、お互い相変わらずな面が大半ですけど。

Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.