» 日記のブログ記事

スクーバダイビングを実際に行ったことがない人は、そのライセンス(Certification Card 。以下、Cカード)の取得がどのようになっているのか、ほとんど知らないのではないでしょうか。

スキューバ

まずダイビングの団体そのものが世界中に複数存在するのですが、それらは公的なものではなく民間団体であること自体に驚かれるかもしれません。世界的に認知されている団体としては、PADI、NAUI、CMAS、SSI、BSASなどがあります。そのほかにも多くの団体が存在しますが、あまりマイナーなところでCカードを取得すると、ファンダイブとして別の土地でいざ潜ろうとした際に、最悪ダイビングCカードとして認めてもらえない、ということも。

フリーペーパーやネットの広告でもCカード取得を宣伝しているショップが多くありますが、中には素人にはわからない不親切な内容の広告を打っているところもあります。

実際私が目にしたことがあるのは、私の通っているショップの近隣にあるお店では、相場より若干安い料金で「スクーバ・ダイバー・コース」の「簡易版Cカード」が取れるという広告を売りとしてお客さんを集めるというものでした。

これはダイバーが通常最初に取得する「オープンウォーター・ダイバー・コース」の前段階のもの。確かに「簡易版」とは言えるものの、本格的に続けたいのであれば結局「オープンウォーター」を取り直すことになりますし、「一度潜ってみたい」程度であれば格段に安い「体験ダイビング」で十分事足りるわけですから、知識のある人間であればまず選ばないコースです。

しかも「スクーバ・ダイバー」→「オープンウォーター」の順で講習を受けると、時間の無駄になるだけではなく、一発で「オープンウォーター」のCカードを取得した場合と比べて1.5~2倍近い料金が掛かってしまうのです。

この他にも最初のライセンス取得の段階で高価な機材の購入を強要したり、逆に相場より高額な機材レンタル代金を設定している悪質なショップも存在します。本格的に続ける場合は、そのほとんどが通いつけのショップを持ち、「オープンウォーター」→「アドバンス・オープンウォーター」→「ダイブマスター(団体により呼び方が異なる)」などとスキルアップをしていくことになります。

初心者には難しいかもしれませんが、広告の料金に惑わされることなく、通い続けたいと思える団体やショップを探すことが大切だと言えます。

監察医を主人公にしたドラマと言えば、一昔前なら「きらきらひかる」が思い浮かぶところ。

このドラマは、原作となった漫画とは異なるキャラクターやストーリー展開を多く取り入れたものであったそうですが、女性監察医が真摯に仕事に向きあいつつも、プライベートで垣間見せる人間ドラマが多くの共感を生み、連続ドラマ放映後に2作のスペシャルドラマが作成されました。

医者

メインとなる人物は、監察医3人と刑事1人。いずれも女性でした。主人公の天野ひかるは、気になることがあるととことん調べないと気がすまない性格ではあるものの、その感性はごくごく一般的なもので、同年代の女性が思わず「うんうん」と頷いてしまいたくなる人物でした。

今回始まった「ゼロの真実」はどうでしょう。ある程度の年齢以降なら、同じように「きらきらひかる」と比べて、初回放送を見ていた人もいるのではないでしょうか。

まず「ゼロの真実」では、舞台となる監察医務院の男性監察医の数が圧倒的に多い。実際の状況はよく分かりませんが、恐らく臨床現場での医師の男女比を考えても、こちらの方が自然な気はしてきます。

検案シーンは若干脚色されているだろうな、と思いはするものの、監察院のお役所的な対応や面倒事を避けようとする場面は、現場を知らないものには「いかにも」感を覚えさせます。「きらきらひかる」では女性4人のレストランでの会話が各話定番のコメディシーンでしたが、「ゼロの真実」では男性監察医たちのアフター5(?)の愚痴が鉄板となりそうな予感。

主人公の松本真央については、天野ひかると全く異なるいわゆる「変わりもの」。天才監察医でありながら、協調性はなく、コミュニケーション能力も乏しい。第1話では「母の死」という謎のキーワードが出ており、今後は主人公が監察医として、人間としていかに成長していく姿を描きながら、ドラマが展開するにつれてこの「死」の真相が解き明かされていくものと思われます。

出演者は、松本真央役に武井咲をはじめ、生瀬勝久、佐々木蔵之介、真矢みき、六角精児など豪華なメンバーが脇を固めています。第1話の視聴率も13.1%とまずまずと言っていい走り出しでしょう。近年、漫画を原作としたドラマが増える中で、本作は原作のないオリジナルドラマであり、先が読めないところも見どころの一つ。

人の死と向き合うテーマを残しつつも、随所にコミカルなシーンを盛り込んだ作りは「きらきらひかる」と共通するところ。第2話以降で、異色とも言える主人公がどう視聴者の共感を得ていくのか、期待したいドラマです。

最近ルバイトをしていて今日もとても疲れました。

最近始めたので初めてのことばかりでたくさん注意され今日は客様には迷惑までかけてしまいました。

悩み

そのお客様はやさしく大丈夫だとおっしゃってくださったんですが私は今とても罪悪感を感じています。

心の切り替えがうまくないので自分でもとても嫌なところです。

それで帰り道ボーっとしたりして降りるところを見過ごしてしまったりしています。本当にダメですよね。

そして、もうひとつ思っているのが、なんで職場の人に堂々としゃべれないのか思うんです。

その場の雰囲気のためにとはいえ、ひどく振り回され傷ついてばかりじゃ本当につらいなと思いました。

職場の人にうまく言えるコツがあるなら知りたいくらいです。

でも仕事での人だとやはり難しいですよね。特に年配の人ほど難しいなと思いました。

物事言えるためには仕事の経験を積んで何でもこなすようになって認めてもらわないかぎり馬鹿にされます。

言いたいことが言えないって本当につらいです。でもその場で我慢できなければすべてダメになります。

分かっているのですが本当にストレスが溜まります。ああでもないこうでもない自分にいら立ちがします。

快適に働けて先輩ともビビらずにうまくコミュニケーションがとれる日が来るといいですね。

今日も育児に追われる中周りの人からの訪問や電話まで受けて本当に疲れました。

育児

本当によく思っていることですが、育児をしていると社会から孤立されさびしい思いをするお母さんがよく鬱になるんだとか言いますけど、

それは人によって違うのではないのかなと思います。だって、私は子供と過ごしてて苦に思ったことなんてあまりない気がします。

人とのコミュニケーションが少なくなったとしても、だからと言って鬱になることもないですし、

よく外に出て人と付き合っている人がうらやましいとも思ったことがないんです。

むしろ時間があるのであれば寝たいですね。なのに、周りからはそう思ってはないらしくて心配してくださってよく連絡が来ます。

もちろん連絡してくださるのはうれしいのですが、やはり人によっては苦手だったりします。

心配してかけてくださったわけなので、普通に喋って電話を切るのですが、やはり疲れますね。

こういうのは本当に自分でもダメなところだなと思いながら、人との付き合いに結構疲れを感じています。

子供のことだけで頭がいっぱいで周りに気配りする心の余裕がないんだなと思います。

今はちょっと無理で周りに迷惑をかけてますが、もう少し子供が大きくなって人との付き合いを楽しめたらいいなと思います。

昨日いつも行くスーパーに買い物に出かけました。

昼過ぎだったのでさほど混んでいませんでした。

誰にでも思い当たると思いますが、

今夜の献立が決まっておらず何となく売り場を見て今夜食べるものを決めると言うか、

何にしょうかな?って感じで売り場を歩いていると思います。

そんな時、いきなり目の前で見たくはない物を見てしまいました。

それは、男の人(年齢は60代)が自分の口に指を入れていきなり自分の入れ歯を外すところを見てしまったのです。

桜

そして、それを自分の手のひらにのせてじっくり見ているのです。何を見ているのかはわかりませんが、

何かを確かめているというかチェックしているというか…

「げっ!早くしまってえ」って叫びたかったです。なんでここで外す?

なんてタイミングの悪い、よりによって私がその人の前に来た時に外すなんて、

相手にしてみれば私だろうが、誰だろうが関係ないのかもしれませんが、偶然居合わせた私が運が悪かっただけ。

しばらく私の中に残像が残ってしまい物凄く不快な買い物になってしまいました。

誰かに話してこのストレスと言うかイライラと言うかムカムカした気持ちを晴らしたくて仕方なかったです。

夜、帰宅した旦那に聞いてもらいたかったのに、旦那は旦那で仕事での愚痴を話し始めたので結局私の話は聞いてもらえず、

Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.