春になると、いろいろな植物が芽を出しますね。私は植物の芽吹きを見るのが大好きです。ワクワクした気持ちになるからです。

雑草でさえも愛しく思えます。けなげに冬の寒さに耐え、一生懸命芽吹いた様子を見ると、「がんばったね」と、声をかけたくなります。

子供の頃は、雑草と呼ばれているものたちに、どれほどお世話になったことでしょうか。シロツメクサの冠を作ったり、ナズナを耳元でチロチロ鳴らして楽しんだり、草笛を吹いたり、おままごとに使ったり(イヌタデは赤飯、葉っぱはサラダ、枯れた葉はお肉でした。)家へお土産として摘んで帰ったり・・・。

ツユクサの青い汁を集めてスカートを染めて怒られたこともあります。

ツユクサ

大きくなってから、雑草の名前の由来を知ったときはショックでした。オオイヌノフグリのフグリ(陰嚢)とかヘクソカズラのヘクソ(屁、糞)とかは、なんてひどい、と思いました。

逆にキツネノマゴとかカラスノエンドウとかはかわいらしくて嬉しくなりました。ホトケノザ、なんてよく考え付いたものだと思います。なんだか恐れ多くて抜きづらくなってしまいます。

草もちも、蓬を摘んできて、大叔母と一緒に作りました。子供の私にはちょっと苦手な味でしたが、大人になった今では大好きです。素敵な思い出です。

男性であれば、一度は悩んだことがあるのが、頭皮の髪の毛の抜け毛でしょう。

学生時代における若い時期であれば、まったくと言っていいほど問題視しない人も多いのですが、大学に入学し、卒業にいたり、無事社会人となりますと、多くの人が、ストレスを感じてしまいます。

実はこのストレスというものが、髪の毛の脱毛や薄毛に関して大なり小なり影響を及ぼしているということが分かってきています。

社会人となると、学生時代とは違い、自身で、あらゆる人とコミュニケーションをとらなければならないために、どうしても性格の合わない人とも上手にコミュニケーションをとらなければなりません。

薄毛の男性

また、仕事が忙しくなってしまうと、運動をする機会も、額っと減ってきてしまうために、運動不足に陥ってしまいます。

これらによって、髪の毛が薄くなってきてしまっては、育毛剤などを利用するだけでは、なかなか対処することが難しくなってしまいますので、注意が必要です。

もし、育毛剤を活用するのであれば、ネットの評価を参考にして、信頼できる薄毛に効く育毛剤を使用した方が良いでしょう。

これは、とくに男性に関する話なのですが、男性であれば、男性型脱毛症と呼ばれるものを発症することが多く、これは、頭皮の血流不足が原因となっている場合と、男性ホルモンが間接的に栄養して髪の毛が薄くなるのですが、運動することができずに、体にストレスがたまると、ホルモンバランスの影響が崩れることによって、これらが原因となる男性型脱毛症が発症しやすくなってしまいます。

ストレスがたまることによってホルモンバランスが崩れてしまうと、おでこの生え際の部分から徐々に薄くなっていき、いわゆるエム字ハゲと呼ばれるような形に近くなってしまいます。

これらは、専門の医療機関において治療をしてもらうと、比較的早く良くなります。

昨日いつも行くスーパーに買い物に出かけました。

昼過ぎだったのでさほど混んでいませんでした。

誰にでも思い当たると思いますが、

今夜の献立が決まっておらず何となく売り場を見て今夜食べるものを決めると言うか、

何にしょうかな?って感じで売り場を歩いていると思います。

そんな時、いきなり目の前で見たくはない物を見てしまいました。

それは、男の人(年齢は60代)が自分の口に指を入れていきなり自分の入れ歯を外すところを見てしまったのです。

桜

そして、それを自分の手のひらにのせてじっくり見ているのです。何を見ているのかはわかりませんが、

何かを確かめているというかチェックしているというか…

「げっ!早くしまってえ」って叫びたかったです。なんでここで外す?

なんてタイミングの悪い、よりによって私がその人の前に来た時に外すなんて、

相手にしてみれば私だろうが、誰だろうが関係ないのかもしれませんが、偶然居合わせた私が運が悪かっただけ。

しばらく私の中に残像が残ってしまい物凄く不快な買い物になってしまいました。

誰かに話してこのストレスと言うかイライラと言うかムカムカした気持ちを晴らしたくて仕方なかったです。

夜、帰宅した旦那に聞いてもらいたかったのに、旦那は旦那で仕事での愚痴を話し始めたので結局私の話は聞いてもらえず、

結婚を機に大阪から上京して一年が過ぎました。東京に住んでいる友人といえば、高校の同級生で就職で上京した友人一人です。

その友人は私の一か月前に結婚しました。

お互い、他に学生時代の友人がいないのでよく会います。

私は現在妊娠9か月、友人は生後3か月半の子供がいることもあり共通の話題だらけです。

そんな友人から今朝「今日ランチいかが?」というメールが来ました。

急に言ってくるやつだなと思いながらも、私も特に予定はないので了承しました。

友人の子供はすでに保育園に入っているので(友人の仕事復帰はまだ)、お互いの家の中間あたりのところでランチをしました。

私ももうすぐ出産だし、こうやって二人で会うこともないかと思うと寂しく思いますが、実際会うと高校時代のままだなと思います。

ただ、変わったなと思うのが、ランチをしたのはショッピングモール内で、以前にも何度かそこで会ったことはあるのですが、ランチ後のウィンドウショッピングがファッションや雑貨、化粧品のお店ばかりだったのに、自然と赤ちゃん用品のお店に向かうようになったのです。

すっかり母ちゃんです。

自分の服よりも子供服に夢中になってしまいます。

だんだんと女子高生から大学生、OL、主婦、母になっていくのを実感しています。

とはいえ、お互い相変わらずな面が大半ですけど。

Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.